コンテスト」カテゴリーアーカイブ

文字コードをUTF-8へ変換(動画)

直接申請の場合、ハムログに日本語文字を含むとき、文字コードをSJISから、サーバー上での文字コードに合わせるため、UTF-8へ変換してから、アップロードします。
その手順を動画でご案内させていただきます。(使用しているのは、仮データです。)

ハムログ設定調整とログ抽出

コンテスログがハムログに記録されているとき、当該コンテストログをハムログから抽出して、直接電子申請する準備をします。

まずは、ハムログの画面です。

以上の、NO.9015-9033 がコンテストログです。
この番号の交信ログを、ハムログの機能で、CSVファイル形式で、取り出します。

検索 複合条件検索と印刷(F)で、画面が表示されるので、
下図のように、
レコード番号を、NO.9015-9033 と指定して、ディレクトイ、ファイル名を指定して取り出します。

 

この例では、データが番号順に並んでいますので、特に検索条件は必要ありません。

「はい」の操作で、ファイルが取り出されます。

 

抽出されたCSVテキストのログファイル[ 2019NTSL_JA3NVF.csv ]は、以下のとおりです。

このファイルが、直接電子申請に必要です。

NVUS は、西暦年度4桁と、NTSL、申請局のコールサインが、ファイル名に含まれていることが必須です。

〇 2019NTSL_JA3NVF.csv

(2019NTSLとコールサインは、アンダースコア1文字で繋げます。)

令和2(2020)年では、以下になります。

〇 2020NTSL_JA3NVF.csv

× NTSL2019_JA3NVF.csv

 

以上の手順で、ハムログが、生成するファイルは、NVUSによる処理に最適です。

エクセルなどからでも、手書き作成は可能ですが、カンマ区切りで、ハムログが吐き出す様式と、まったく同じであれば、問題ありません。

ご注意!

ハムログで抽出したcsvファイルの文字コードは、Windows で使用している、SJIS です。

サーバーの受け入れるコードは、UTF-8 です。CSVファイルに、2バイト文字(日本語)を含む場合、Windowsにある、notepad.exe などを使って、 当該CSVファイルの文字コードを、UTF-8へと変換されると、エラーが抑制できます。

 

 

 

直接申請講習会の実施(第42回コンテスト対応)

本日、9:00~予定の講習会を開催しました。
NTSL会長を始め、会員9名で、講習会を実施しました。

  1. コンテストルールの確認(得点)
  2. ターボハムログの入力・表示枠調整
  3. 直接申請サイトへの接続・ログイン
  4. ターボハムログから交信データのCSVファイル抽出
  5. 直接申請サイトへのアップロード
  6. 昼食・懇親会

14時ごろ解散しました。

パソコン処理事前講習会(第42回マラソンコンテスト対応)

会員各局へのご案内

NTSL 会長 長谷川 驍

この度、下記の要領で「パソコン処理事前講習会(第42回マラソンコンテスト対応)」を開催します。

今回は、これまでの専用処理ソフトとは別に、「直接申請」の方法をご用意しています。

「直接申請」は、TurboHAMLOGに、適正にログ記録をすることで、専用処理ソフトや、エクセルも不要な、ホームページに、ハムログからのテキストデータをアップロードして、申請できます。

申請結果は、ホームページサーバーから、申請者へ電子メールで送信されます。

そのシステムのご案内と使用のための、講習を実演します。

奮ってご参加いただけますよう、ご案内させていただきます。

1 日時 令和2(2020)年1月19日(日) 9:00~12:00 終了後 昼食・談話会(希望者)

2 場所 大和郡山市南部公民館 1F 和室 電話0743-59-1316

3 所在地 〒639-1123 奈良県大和郡山市筒井町600−4

https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/facilities/main/community/000865.html

4 ご用意いただくもの

  • ハムログのセットされたノートパソコン
  • 第41回コンテストハムログログデータ
  • スマートフォン(テザリングできるもの)、または無線Wi-Fi回線

5 参加申し込み

  • 以下のホームページから申し込み
  • 問い合わせ 事務局へ (長谷川 驍)

6 備考
申し込み締め切り日 1月15日(水)
一般局のご参加の場合、ご寄付をお願いします。
会場の関係で、先着15名程度とします。

1月15日現在、参加申し込み局(8局)

会員局:  JP3RIV, JP3XEW, JP3XEU, JA3GJE, JP3TKP, JK3WNB, JA3FWU,JF3LGY,JA3NVF

===========================================================================
申し込み様式


会員局一般局

ご準備いただ゛るもの
ノートパソコンハムログソフトインターネット回線

(申し込みされましたら、電子メールで詳細をご案内します。)

第42回奈良県2mSSBマラソンコンテスト規約

★主催:奈良県2mSSB愛好会(略称:NTSL) ★期間:2020年2月1日(土)00:00J~7日(金)23:59J
★周波数:144MHz帯 ★モード:SSB
★参加資格:日本国内のアマチュア無線局(但し,個人局に限る)
★参加部門:①会員局部門,②一般局部門。①②以外の場合は審査対象外。
★交信方法:①通常のQSOでコールサイン・レポート・QTHの交換が完全なもの(ただしロールコール中の交信は無効)。②移動運用を含み交信相手は1回のみのカウントとする。③都道他府県での移動運用による交信も有効とする。④奈良県内運用局を1局以上含むこと。⑤当会会員は送信の際,会員の「M」または「YLM」を,一般のYL局は「YL」をつける。
★得点:①奈良県外運用のYL局…2点・同OM局…1点。②奈良県内運用のYL局…5点・同OM局…3点。③当会会員のYL局…10点・同OM局…6点
★Aマルチプライヤー:日本国内の異なる市・郡
★Bマルチプライヤー:①奈良県全市と交信成立…2。②奈良県全郡と交信成立…3。③奈良県全市全郡と交信成立…6。④第1項~第3項のいずれも交信不成立…1。
★総得点:(得点合計)×(Aマルチ)×(Bマルチ)
★申請:①本コンテスト専用処理ソフトで作成したエクセルファイルを電子メールで申請、または支援ホームページ(https://e-sys.denshin.org/eqso/0731_user_login.php)から直接電子申請(JARLコンテストサマリー・ログR2.0自動生成) ②JARL制定のコンテストログ,サマリーシートまたはこれに準ずる様式(用紙サイズ/サマリーシートの行数が違う物は不可)で手書き用紙を郵送で申請。[②の場合、(A)コンテストナンバー欄には「RSレポート+市郡ナンバー (市郡名可)+YL,当会会員はMまたはYLMと記入すること。(B)100局以上交信の場合は,2種類のチェックリスト(重複チェックリストと市郡チェックリスト)を添付すること。(C)申請書類は,長形3号封筒で事務局あて郵送とする。] なお、会員局部門に限り、②に準じた様式でパソコン処理出力の印刷用紙での郵送物申請可能。 ③電子メール申請の場合,(A)宛先: naracon@ntsl.denshin.org (B)件名:コールサイン_ご芳名_第42回NTSLコンテスト(C)ファイル名:コールサイン_第42回奈良県2mSSBマラソンコンテスト.xlsx(ファイルを添付) ④郵送の場合,〒630-0133奈良県生駒市あすか野南2-7-7長谷川 驍(事務局)宛て ⑤本会公式ホームページに規約,メンバーリスト,専用処理ソフト,申請受付等を掲載。なお個別に郵便による申請確認返信をご希望の場合,申請者宛先を明記した郵便往復葉書を別途事務局へ送付のこと。
★締切:2月末日 (郵送の場合は消印有効)
★審査・結果発表:本会役員会(コンテスト委員会)で審査。書類不備(記入不備・様式不備・期日外送付)は審査対象外。専用処理ソフト・ホームページ申請による申請審査は簡略化。加点修正は無し。5月上旬本会ホームぺージに発表。会員局へは別途個別に結果を郵送。
★表彰:①部門ごとに1位から3位まで,当会総会において賞状表彰する。会員局には入賞記念品を贈る。②飛び賞を贈る。③入賞局で総会欠席の場合,送料受取人払いによる受領を了解したものとする。
★その他:①コンテスト規約・会員局リストが必要な方はSASEで事務局へ申し込むものとする。②本コンテストに参加しログを提出した局は,4月1日~7日開催「第14回3エリア2mSSBコンテスト」のBマルチに加点できる。③申請書類のサイズを含む様式不適切,記載内容不適切または不備,及び必要書類(2種類のチェックリスト)が不足する場合は,審査対象から外れることがある。直接電子申請等詳細は,本会公式ホームページを参照。
★NTSL公式ホームページ:http://ntsl.denshin.org/

直接申請/NTSL第42回マラソンコンテスト

  1. 直接の要点

  2. JARL電子申請要領に沿う

  3. 電子メールで届くサマリー・ログ例

  4. ハムログ利用法

  5. レポート欄入力桁数変更

  6. ハムログ設定調整とログ抽出

  7. ログインページ/NVUS

  8. 利用者登録/NVUS

  9. 利用者登録手順/NVUS

  10. 利用者登録 メールでの確認

  11. ログイン/NVUS

  1. トップページ・自局情報管理/NVUS

  2. CSVログファイル登録/NVUS

  3. CSVログファイル登録その2 /NVUの場合

  4. CSVログファイル登録その3 /NTSLの場合

  5. 申請するCSVログファイル選択 / サマリー管理

  6. NX28でサマリー作成

  7. NTSL申請のサマリー作成 <— 不要

  8. 運営者機能概要

  9. ※運営者機能詳細(関係者用)

  10. WEB-DBによるハムコンテストログ 処理NVUS

(※ 準備中の内容)

電子メールで届くサマリー・ログ例

システムで処理された後、コンテスト委員によるシステム内からの操作により、登録利用者には、例えば、以下のような電子メールが届きます。

上の例は、NVUコンテストの場合です。CATEGORYCODEは、NX28 となっていることから、
周波数が、28MHz の、県内局・電信電話部門です。

上の例は、NC144 となっていることから、周波数が144MHz の県内局・電信部門の例です。

運営者機能/NVUS

通常、ご利用になる場合と、本システムを運用されるコンテスト委員等の場合で、ログイン後のトップ画面は、以下のように異なります。(詳細は省略)

通常の利用 コンテスト委員等
A

登録済CSVログ一覧(例)

申請の確認・処理(例)

NTSL申請のサマリー作成 <--- 不要

NVUコンテストでのサマリー作成は、全部で24通りの申請があるため、申請手順を経ます。
しかし、NTSLコンテストでは、会員局部門と一般局部門の2つだけです。
NVUSはその年度のNTSL会員名簿情報を備えていますので、コールサインで判別するため、CSVログファイルのアップロードのみで、自動的にサマリーを作成します。

そのため、NTSLコンテスト申請について、サマリーを作成する手順はありません。
CSVログファイルの作成と同時に、システムが、利用者登録情報と自局情報を基に、サマリーを生成します。

申請するCSVログファイル選択 / サマリー管理

トップページの「サマリー管理」機能で、申請するCSVログファイル選択の手順について案内します。

ここでは、NVUのCSVログファイルがアップロードしているとします。

まず、アップロードしたCSVログファイルを確認してみます。

最下部の行で確認できる、2019NVUのコンテストにエントリーすることにします。

 

まず、ログファイルはどうのようになっているか、目視で確認します。

ログ番号10番の「選択」のラジオボタンをチェックして、[ 閲覧 ] ボタンを操作して表示させます。

28MHz, 50MHzの交信記録がありますから、県内局,28MHz,電信電話で申請してみましょう。

 

トップメニューに戻り、「サマリー管理」のリンクを操作しますと、以下のように表示されました。

すでに一覧にあるものは、開催年の欄が、2019NTSLとなっているので、2019NVUは重複しないことを確認できます。

登録済サマリーシート一覧の、下部にある、[ 追加 ] ボタンを操作します。

画面が変化して、下図のように、すでに登録しているCSVログのリストから、サマリー申請するログの一覧が表示されます。

ここで、先に確認してように、ログ番号10番の「選択」のラジオボタンをチェックして、[ OK ] ボタンを操作して、サマリー申請を続けます。

ここまでが、サマリーを申請するために、CSVログファイルを指定する手順です。

CSVログファイル登録その3 /NTSLの場合

トップメニューから、「CSVログファイル登録」のリンクを操作して、以下の、登録済ログファイル一覧 の表示する状態へ移ります。以下、事前にNVUの申請のための、ログファイルが一つ、すでに登録されている例でご案内します。

上の図では、ログ番号80で、2019年のNVU(JARL奈良県支部主催V・UHFコンテスト)のログファイルが、すでに登録されています。

上の画面で、[ 追加 ] のボタンを操作して、以下の画面から、NTSLコンテスト用の、CSVログファイルをアップロードしましょう。

下図のように、変化します。

上図のように、NTSLコンテストのログアップロードでは、NVUと比較して、背景色が薄い黄色となります。

コンテスト名は、プルダウンメニューで選択していしますが、NTSLが左に表記されています。

CSVログの形式は、固定されていて、B型でアップロードします。

NVUの場合と同様、[ 表示 ] のボタンを使って、ログファイルをローカルのディレクトリィから、NTSLコンテストのCSVログファイルを選び、下の画面を確認後、[ OK ] ボタンをクリックします。

今度は、B型でファイルをアップしていますので、4の画面で[ OK ]をクリック後、以下のように表示が変わります。

上の画面で、[ OK ] をクリックして、アップロードを確定します。

すると、以下のように、受付の最終確認が表示されます。

一旦、トップページに戻り、再び、CSVログファイル登録のリンクを操作すると、追加された状態が、以下のように確認できます。

二つの種類のコンテスト用CSVログファイルが登録されていますが、NTSL用のログは、背景色が薄い黄色になっています。

閲覧したいときは、ログ番号81の左にあるラジオボタンで選択した後、[ 閲覧 ] ボタンを操作します。

以下のように表示されて、その内容が確認できます。

 

CSVログファイル登録その2 /NVUの場合

トップメニューから、「CSVログファイル登録」のリンクを操作して、以下の、登録済ログファイル一覧 の表示する状態へ移ります。

上の図で、[ 追加 ] のボタンを操作します。以下の表示となりますので、

運用時のコールサイン、コンテスト名を選択、CSVログファイルの型を指定します。

 

手元のパソコンにすでにTurboHAMLOGから取り出して所定のディレクトリィに配置しているログファイルを参照して、下図の状態にします。

 

Cコンテスト名の選択時は、以下のプルダウンメニューから選べます。

確認後、[ OK ] ボタンを操作します。

画面は、以下の最終的な確認が面となります。

上の図で、 [ OK ] ボタンを操作してアップロードが完了します。

システムは、以下のように、受付完了の画面を示します。

トップ画面に戻った後、再び、「CSVログファイル登録」のページに移ると、以下の画面のように、アップロードされた状態を確認できます。

 

以上の操作で、アップロードしたCSVログファイルを目視確認するには、上図画面で、選択ボタンをチッェクしてから、 [ 閲覧 ] ボタンを操作して、以下のように、画面上で確認できます。

 

閲覧ボタンを操作後、以下のように表示できます。

なお、上の図では、Remarks2の記載内容もありますが、得点算出には無関係です。

CSVログファイル登録その1 /NVUS

コンテストでの交信記録をTurboHAMLOG(ハムログ)に記録し、そこから、当該コンテストのログをハムログから取り出した、CSV形式ログファイルを登録します。
このとき、
JARL奈良県支部VUコンテスト(NVU)、あるいは、NTSL奈良県2mSSB愛好会マラソンコンテスト(NTSL)において、そのコンテスト期間のすべての交信記録を含んだ、一つのテキストファイルになっているものとします。

NVUでは、24通りのエントリー方法があります。NTSLは、会員局部門、一般局部門となります。
前者は、申請者によって、別にご案内の、サマリーをエントリーごとに作成します。
後者は、システムが、当該申請者が、会員局か一般局かを、名簿で判断しますので、サマリーの入力は、省略されます。

ここでは、NVUについて、CSVログファイルを登録する方法をご案内します。

最初、ログが全く登録されていないので、トップメニューからこの機能のページに移ると、以下のような表示になります。

 

CSVログファイルを登録しますと、例えば、以下のように表示されます。

CSVログファイルについては、

上の図のように、

選択、ログ番号、年・コンテスト、登録ファイル名、CSV型、サイズ、登録日時 が表示されます。

NVUSでは、CSVログテキストテキストファイルの、ファイル名について、上の表にも表示のあるように、西暦4桁、NVU または NTSL そして、コールサインを入れて、アンダースコアでつないていただくようお願いしています。

拡張子は、csvです。

ログ番号は、システムが自動的に割り振ります。年・コンテスト名は、システムが提供する中から利用者が選択して指定します。

また、上の表では、背景色の違いで把握できるように、薄青色は、NVUのログ、薄黄色は、NTSLのログであることがわかります。

トップページ・自局情報管理/NVUS

最初に使うとき、自局情報を登録しておきます。

下図のように、トップメニューの「自局情報」のリンクを操作します。

画面は、以下のように変化します。

最初は、利用者登録情報(コールサイン、氏名、電子メールアドレス)だけが、すでにシステムにあります。それ以外は、グレーの  (自局情報)  としか表示されません。これは、説明にもあるように、未登録であることを意味しています。

自局の情報を登録して、内容を更新するため、[ 更新 ] のボタンを操作します。

すると、以下の、入力画面になります。

各項目について、自局のデータを入力します。

このページでは、一度にすべての項目について入力する必要はなく、項目ごとに入力して、その都度、更新可能です。

すべて入力できたら、[ OK ] ボタンを操作して、登録を完了します。

下図は、すべて入力されている状態です。

 

 

ログイン/NVUS

ログインは、以下のURLです。

https://e-sys.denshin.org/eqso/0731_user_login.php

スマホ利用の方は、QRコードでアクセス可能

ログインページの画面は以下です。

 

システムから、電子メールで届いた、「利用者番号」と、「動作区分(選択)」、そして、ご自身で設定された「初期パスワード」で、システムにログインします。

 

もし、ログインで認証情報の入力が、システムが保持している情報と異なり、失敗となった場合は、以下の画面となります。

 

適切にログインできたら、下図のような「楽しいeQSOトップメニュー」が表示されます。

この画面は、通常の登録利用者に表示されます。

(※ このシステムを【運用】される方は、自動的にスタッフモードになり、若干異なるトップページが表示されます。)

さまざまな操作は、この画面がペースになります。利用を終了されましたら、「ログアウト」してください。

ログアウト後画面は以下です。

利用者登録 メールでの確認

必要事項を入力して、[OK]ボタンを操作します。

内容を確認して、更に[OK]ボタンを操作します。

すでに、当該のコールサインで、利用者登録がある場合や、電子メールアドレスが重複ているような利用者登録は、システムからその旨、表示がありますので、それに従います。

(※ 不明な場合は、システムのフォームメールでお問い合わせできます。)

 

コールサインや、電子メールアドレスに重複が無い場合は、利用者登録が進んでいき、以下の画面が表示されます。

直接申請の画面は、「これから、あなたの電子メールアドレスへ必要な配信をします。」という内容を表示しますから、登録した電子メールアドレスを受信する心づもりをしてください。

用意ができましたら、[登録を続ける]のボタンを操作します。

画面は、以下のように変化します。

 

システムが、あなたの登録した電子メールアドレスへ、【仮登録】をしたとの通知です。

 

電子メールが送られていますので、読み出してください。以下、登録した電子メールアドレスへ届いた例です。

書かれている内容を読み、それに従い操作します。

具体的には、自身で入力した初期パスワードの確認と、システムから送られてくるトークン(自動生成された、一度しか使えない、システム接続用の認証情報)を操作(クリック、またはタップ)することです。

上の例では、電子メールの下部3行にあるリンクを操作します。

 

すると、再び、以下のような、電子メールがシステムから届きます。

以上の操作で、最終的に、手元に届く情報は、

(1) 利用者番号

(2) 初期パスワード

(3) ログインページへのリンク

の三つです。

以上の3つを組み合わせて、システムに「ログイン」できます。

 

 

 

 

 

 

 

利用者登録手順/NVUS

ログインぺージの  「こちら」です。 の部分をクリックして、下図のように、右の、「NVUS利用者登録」の画面に移ります。

最初、[利用規約]を読み、確認したら、チェックボックスをクリックして、チェックを入れます。
この部分をチェックしないと、[OK]ボタンをクリックしても、進めません。

右の図にあるように、例にならって、登録利用者名から、初期パスワード(再入力)までを入力して、[OK]ボタンをクリックします。

なお、

NVUS への利用者登録は、以下の項目について、重複できません。

 

  1. コールサイン
  2. 電子メールアドレス

 

システム内で、適切な認証を行い、安定的に動作する環境を確保するため、ユニーク内容について、システムは一意性を確保するようになっています。

利用者登録/NVUS

NVUSは、「神な申請:奈良VUコンテスト」と呼ばれています。
アマチュア無線を、コンテストを通じて楽しむ、アマチュア無線局のコンテスト申請で利用できます。
現在、対応しているコンテストは、以下のとおりです。

Seqコンテスト名主催時期備考
1JARL奈良県支部
 V・UHFコンテスト
JARL奈良県支部8月、第2土,日

28,50,144,430,1200MHz

電信、電信電話等24部門
ハムログ抽出の

CSVファイル

A,B型で申請可能
2NTSL
 マラソンコンテスト
奈良県2mSSB愛好会2月 1~7日

144MHz, SSB

会員局部門、一般局部門
ハムログ抽出の

CSVファイル

B型のみ申請可能

利用者登録すると、上表のどのコンテストにも利用できます。

利用者登録には、最初、以下の項目を示して、システムホームページと、利用者の電子メールアドレスの間で、交信します。

  1. 登録利用者名:(姓名)
  2. 登録利用者名:(ひらかな)
  3. コールサイン
  4. 連絡先(e-mail addreess)
  5. 初期パスワード:(半角4~8文字程度)

登録が完了すると、NVUSは、利用者に対して、利用者番号(半角数字)が付与されます。

システムを利用するについては、利用者登録の過程で、[利用規約]を確認して、承認することになります。
確認されない場合は、システムに利用者として登録できません。
利用者登録後、利用者は、利用者番号と、パスワードの二つの認証情報で、システムを利用できます。
システムを利用するについて、個人の経費負担は発生しません。
※一年以上、利用者のシステム利用が無い場合、利用者番号は無効となることがあります。

ログインページ/NVUS

NVUSのシステムは、以下にあります。

URL  https://e-sys.denshin.org/eqso/0731_user_login.php

スマホでも接続できます。以下のQRコードを読み込んでください。

ログイン画面は、時期によって、多少変化しますが、以下のとおりです。

NVUSの機能を利用するためには、上図で強調したように、最初、利用者登録を行います。

レポート欄桁数変更/NVUS直接電子申請 ハムログ

ハムログを起動して、

オプション  環境設定  設定6 のタグへと進みます。

赤で強調した、[入力可能な桁数の変更]、[入力欄の表示桁数変更]を操作します。

初期状態では、以下となっています。

これを、以下で示す赤のように幅を変更して、青の変換開始のボタンを操作します。

ハムログは、この変更について、以下のように、確認を求めてきます。

 

[はい(Y)]と答えると、以下の注意喚起が表示されます。

 

正常に変換処理が済むと、以下の注意があったのち、一旦ハムログは終了します。

 

以上で、NTSLマラソンコンテストに対応した状態に設定できました。

ただ、ドラッグ操作で調整可能ですが、RST表示欄が3桁のままですので、見やすくるため、以下のように「表示幅」も同様の手順で変更されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

ハムログ利用法/NVUS直接電子申請

以下、ハムログのインストールから案内します。

ダウンロードします。

 

展開して、最初の実行様子です。新たに、hdbファイルを新規作成します。

 

例えば、オプション —> 環境設定 —> 設定2 で、以下を登録します。

NVUS直接電子申請では、交信記録として、RS+[市郡ナンバー]+{M,YL,YLM}を記録します。

たとえば、

Hisの欄 592403M (相手局:大和郡山市内運用の会員局)

Myの欄 592401  (自 局:奈良市内運用の一般局)

です。

ところが、インストールした状態で、これを入力しても、結果は以下のとおりで、正しく記録されません。

初期状態では、レポート欄には、最大3文字までの記録になっています。

これを解決するため、ハムログの設定を変更する必要があります。

JARL電子申請要領に沿う

JARLの主催コンテストでは、QSOデータを所定のフォーマットに加工して電子メールで送るだけで書類の提出が完了します。
NTSLは、JARLの登録クラブですので、これまでの専用処理ソフトも便利りご利用いただけますが、次回第42回コンテストでは、JARLの主催コンテストに類した方法で、電子申請を受け付けます。

様式は、JARLで示す、
に準じた様式で、自動的にこれを生成する、NVUS(仮称、「神な申請:奈良コンテスト」)を使う方法です。

JARLコンテスト委員会が提示している電子申請では、
(1) サマリーシート
(2) ログシート
がテキストファイルの形式で整理されていて、それを電子メールで申請することになっています。

大まかには、以下のような様式のテキストファイルです。

NVUS では、NVU,NTSLコンテストについて、これに類するサマリー・ログテキストファイルを生成して、申請者へ電子メール配信すると共に、コンテスト審査関係者へも同報する機能を実現するよう、仕組まれています。

要点/NVUS直接電子申請

NTSL奈良県2mSSB愛好会マラソンコンテストで、これまでの方法に加え、新たに、支援サイトを使った「直接申請」の方法をご提供します。

第42回コンテストで、ご利用いただけるよう、ご案内します。

直接申請のシステムは、NVUS と呼びます。

以下のQRコードにログインページがあります。

このシステムは、

  1. . JARL奈良県支部主催のV・Uコンテスト (評価稼働中)
  2. . NTSL奈良県2mSSB愛好会マラソンコンテスト (評価稼働中)
  3. . 同上ロールコールネット (※ 未稼働)

における可用性をを検討して構築中です。

ここでは、各コンテストでのご利用において、要点を挙げます。

  1. 利用者は、コンテストの交信記録を、いわゆる、ハムログに、規定の様式で記録。
  2. 利用者は、インターネット・電子メールを使用する。

以上の二つが要点です。

これまでの専用処理ソフトとの違い

  1. 専用処理ソフトでは、手元パソコンにエクセルが必須
  2. 専用処理ソフトをダウンロード・設定が必要
  3. 専用処理ソフトで、申請書類を手元で作成して、自ら、電子メールで送信
  4. 新たな直接申請では、利用しているパソコンに、エクセルは不要
  5. 新たな直接申請では、ホームページから、コールサイン・氏名・電子メールアドレスの登録が必須
  6. 新たな直接申請では、申請書類が採点されて自動的にシステムから届く
  7. 同時に、コンテスト委員へも採点されたサマリー・ログがコンテスト委員へ自動的にシステムから送られるく。

 

第41回マラソンコンテスト申請受付状況

41回マラソンコンテスト提出状況を掲載しております。
提出は2019年2月28日をもって締め切られました。
メール提出者の方で万が一下記のリストにコールサインが見当たらない場合、事務局電子申請送信先のメールアドレスにご連絡お願いします。メールの履歴を確認しまして期限内の提出が確認できた場合追加で掲載させていただきます。

≪会員局部門≫
JH3QCO・JF3JIY・JK3WNZ・JP3RIV・JJ3HYN・JP3TKP・JA3CVB・JG3IOH・JE0BGS・JA3NVF・JI3SZY・JK3WNB・JO3AMB・JF3NNB・JK3DDU

≪一般局部門≫
JE3BIV・JJ2AOA・JI3IJG・JA3TYB・JA3XSF・JG3SWP・JJ2CBV・JE3GZV・JK3UDU・JH3BYX・JR3OWV・JR3PLZ・JA3TAY・JM3DAV・JP3KLJ・JN2JBN・JE3CSO・JL1DLX・JP3HQR・JE3OQG・JF3CVM・JH3PPY・JH3DYD・JA3QVQ・JR2NRP ・JO3EET・JH1HOZ・JK3AKN・JM3QIS・JI3LLP・JP3NRE・JF3PYU・JE5EWK・JI3KZD・JJ3UMS・JG2QUM・JO3OSG・JL3QJQ ・JO3LDO・JG3VHY・JA3MVP・JG3RHD・JH3HWH・JP3SVV・JA2DTT・JL3HZC・JF3RRA・JF3XTY・JF3NAO・JA3BNU・JS3OSI

2019/03/01 00:30現在

専用処理ソフト(第41回NTSLマラソンコンテスト用)講習会のご案内

標記の講習会を開催します。会員、非会員にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。また、申請書類の受付も行います。是非ご出席ください。

奈良コンテスト資料作成ソフト2015-01-13

日 時  2月24日(日) 13:00

会 場  大和郡山市九条スポーツセンター 2階多目的室

大和郡山市九条町11-1(九条公園内) 電話0743-52-1245

       電車:近鉄「九条」駅から徒歩 10分
バス:奈良交通バス「奈良口」から 3分
車 :国道24号線杏町交差点西へ 2分  無料駐車場あり

持参いただく物

  • パソコン(ターボハムログに交信データが入力されていて、Wi-Fi接続ができるものがのぞましい)
  • USBメモリ
  • 上履き(足が冷えないように)
  • 飲み物(会場に自動販売機あり)