周年記念事業」カテゴリーアーカイブ

奈良2mSSB愛好会創立40周年記念局『8J3N』の運用

4月28日から担当のJH3LJS局が記念局の運用を行いました。

8J3N 移動運用レポート

平成30年年5月19日(土)、大和郡山市九条町(九条公園内)の大和郡山市九条スポーツセンターにおいて、本会創立40周年記念JARL特別局8J3N/3の運用を行いました。当日は本会の今年度総会が開催され、それに合わせての移動運用となりました。
JJ3HYNとJH3QCOが中心となって無線機・アンテナ等を設営後、7MHz帯での交信を楽しみました。北は岩手県から西は山口県までの各局からお声がけをいただきました。時間の制約があり、あまり多くの局とは交信ができなったのが残念でした。

NTSL40周年記念局運用結果

記念局8J3N2SのQSLは、H31-3-17のJARL奈良県支部大会で、全交信分を発送しています。

8J3NにかかるQSLは、現在ログの整理中です。済み次第、印刷作業にはいります。同一局については、1枚のQSLに最大4交信分の交信記録を記載して発行の予定です。

現在、特製記念切手の検討・製作進行中です。10口以上のご寄付をいただいた局や、令和元年総会時(5月)にご参加の会員局にはご披露し、記念品として贈呈予定です。

デザインが決定しましたら、ご紹介させていただきます。

8j3n2s-8j3n-OperationTbl_Grp

JARL特別局 8J3N 運用予定(更新:平成31年3月16日)

期間運用責任者
 運用者
運用予定地周波数帯・モード備考交信数
2018-10-21~11-04JK3WNZ
J3HYN
JN3GKF
JH3QCO
JO3VJH
大和郡山市,奈良市7,144,430MHz SSB,FM本会事務局
2018-11-05~11-19JA3NVF大和郡山市HF,VHF144,430運営事務局
2019-02-10~02-23JA3GJE生駒市3.5MHz, SSB運営委員長
2019-02-24~03-09JH3QCO奈良市3.5 / 7 / 144 /430 /Mhz
SSB,FM
本会役員
2019-03-09~03-15JA3NVF大和郡山市HF運営事務局
2019-03-16~03-22JA3GJE生駒市---運営委員長
2019-03-17公開移動運用
JA3NVF他
葛城市
JARL奈良県支部大会
---運営事務局他

Note: As of January 30, 2019.

2017年12月1日より、JARL特別局 8J3N2S、その後2018年4月1日より8J3N が(移動局:50W免許)が運用されています。
このアマチュア局は、本会、JARL登録クラブ(登録番号24-4-7)の、奈良県2mSSB愛好会創立40周年記念局として、開設・運用されています。
2mSSBをはじめ、1.9~430MHz,SSB,FM,CW,RTTY,JT65,JT9,FT8により、運用者の無線従事者免許証・当該アマチュア無線局8J3N2Sの免許状記載の事項に基づいて、畿内を範囲として移動運用いたします

運用についてのお願い

運用責任者には、電子メールアドレスをお伝えいただき、運営事務局と連絡を取らせていただきます。運用機材が、運営事務局に有る場合は、運用責任者(本会会員であり、かつ、JARL会員の方です。)が、運用予定日前後に事務局まで受け取りに来ていただきます。

運用後は、運用終了翌日の午前中に、無線局免許状、免許無線機(本体・電源ケーブル・マイク)、運用マニュアル、Turbohamlog内蔵USBメモリー、アマチュア局運用中のぼり(4本)、JARL奈良県支部旗を、次の当該運用責任者、または運営事務局へお届けいただきます。
電源・同軸ケーブル・電鍵・アンテナ・コンピュータ他は、運用責任者で準備・調整をお願いします。
繰り返しになりますが、次の運用予定が未定の場合は、当該運用が終わった翌日の午前中に、運営事務局まで機材他を、直接お届けください。(宅配等は、経費がかかります。運営委員会では支弁できかねます。)
運用ログは、運用責任者で、JARL所定の運用記録用紙に記載するとともに、運営事務局が用意するTurbohamlogに入力してください。運用が済み次第、同記録用紙・HAMLOG.hdb ファイルを、適宜、運営事務局(JARL NEWS冬号参照)までお送りいただきます。電子ファイルは運営事務局宛て電子メール添付、あるいは運用パッケージに同梱のUSBメモリーお届けいただきます。
QSLカードの発行は、同一局へ複数の交信ログをまとめてQSLカードに記載するため、本特別局の運用が終了します、平成31年3月31日以後、JARL経由で、運営委員会のQSL担当から発送の予定です。基本的に相手局からQSLカードをJARL経由でお送りいただくことは、ありがたくお受けします。
運用の詳細は、電子メールで運営事務局(ja3nvf@jarl.com)へお問合せください。
また、運営委員会で貸与等の機材は、委員会で用意している梱包材に入れていだたき、機材移動時には内容確認いだたき、元の状態に梱包してください。個人局から提供いただいています。マイクのモジュラージャックは大変損傷しやすい形状です。ご自身の機材と同様、大切に使っていただけますよう、お願いします。

なお、この事業は、大和郡山市の後援名義使用承認をうけていますので、各運用責任者におかれましては、できるだけ、関係地域との連携や、非常通信訓練も意識して運用され、記録をとっていただいて、運営事務局へご提供ください。運用時の写真なども大変ありがたいです。


奈良県2mSSB愛好会創立40周年記念アワード

奈良県2mSSB愛好会創立40周年記念アワード(NTSL40 Award)規約

本年度、本会は創立40周年を迎えました。これを記念してアワード(NTSL40 Award)3賞を発行します。

1.名称および申請要件

N賞 4以上のアマチュアバンドを使用して、奈良県内運用の40局と交信する。バンドが異なれば同一局との交信も有効とする。
2m賞 2m(144MHz帯)のみを使用して、奈良県内運用の異なる40局と交信する。その40局には本会会員局4局以上が含まれていること。(会員局リストは本会ホームページ参照)
S賞 2m(144MHz帯)以外のバンドを使用して、海外で運用する異なる20局、奈良県内で運用する異なる20局、合計40局と交信する。

【各賞共通の要件】

①自局の運用場所および移動範囲の制限はなし。

②8J3Nとの交信は必須とする。

③本会主催コンテスト期間中における2mSSBの交信は無効とする。

④ロールコールでの交信は無効とする。

⑤レピーターによる交信は無効とする。

⑥複数の賞を申請される場合、同一局、同一交信をそれぞれの賞にカウントできる。

⑦アワード発行番号は付さない。

⑧特記は設けない。

⑨QSLカードの所持は不要とする。

2.交信有効期間  2018年5月1日~2019年3月31日

3.申請および手数料

最初に、所定の「申請書」および各賞専用の「交信リスト」を本会ホームページからダウンロードし、必要事項を書き込んでください。

【会員局】→ 無料です。

申請は、電子メールで送付するか、手書きまたは印刷したものを郵送してください。

【非会員局】下記(ア)(イ)のどちらかで申請してください。

(ア)電子メールの添付ファイルで申請をし、電子メールでPDFのアワードファイルを受け取る。

→ 無料です。

(イ)郵送による申請をし、アワードと記念品(オリジナル記念切手)を受け取る。

→ 82円切手10を申請時に同封してください。複数の賞を申請される場合も手数料は1つの賞につき82円切手10枚となります。「申請書」および「交信リスト」は印刷、手書きのどちらでもかまいません。

※電子メール申請の場合は、件名と添付ファイルの両方に「賞の名称+コールサイン+氏名」を記入してください。

※申請書類は返却しません。

4.申請受付期間  2018年7月1日~2019年4月15日(必着)

5.本会ホームページ  http://denshin.info/nara2mssb/

6.申請先  NTSL40Award担当: 長谷川驍

630-0133生駒市あすか野南2-7-7

ja3gje@jarl.com

 

※本アワード規約は下記リンクのPDFにてダウンロードできます。


ダウンロード書類

下記それぞれのリンクからダウンロードしてお使い下さい。

NTSL40Award規約(pdf)

NTSL40Award申請書(word)

NTSL40Award交信リスト N賞(excel)

NTSL40award交信リスト 2m賞(excel)

NTSL40Award交信リスト S賞(excel)


奈良県2mSSB愛好会創立40周年記念アワード

奈良県2mSSB愛好会創立40周年記念アワード(NTSL40 Award)規約

本年度、本会は創立40周年を迎えました。これを記念してアワード(NTSL40 Award)3賞を発行します。

1.名称および申請要件

N賞 4以上のアマチュアバンドを使用して、奈良県内運用の40局と交信する。バンドが異なれば同一局との交信も有効とする。
2m賞 2m(144MHz帯)のみを使用して、奈良県内運用の異なる40局と交信する。その40局には本会会員局4局以上が含まれていること。(会員局リストは本会ホームページ参照)
S賞 2m(144MHz帯)以外のバンドを使用して、海外で運用する異なる20局、奈良県内で運用する異なる20局、合計40局と交信する。

【各賞共通の要件】

①自局の運用場所および移動範囲の制限はなし。

②8J3Nとの交信は必須とする。

③本会主催コンテスト期間中における2mSSBの交信は無効とする。

④ロールコールでの交信は無効とする。

⑤レピーターによる交信は無効とする。

⑥複数の賞を申請される場合、同一局、同一交信をそれぞれの賞にカウントできる。

⑦アワード発行番号は付さない。

⑧特記は設けない。

⑨QSLカードの所持は不要とする。

2.交信有効期間  2018年5月1日~2019年3月31日

3.申請および手数料

最初に、所定の「申請書」および各賞専用の「交信リスト」を本会ホームページからダウンロードし、必要事項を書き込んでください。

【会員局】→ 無料です。

申請は、電子メールで送付するか、手書きまたは印刷したものを郵送してください。

【非会員局】下記(ア)(イ)のどちらかで申請してください。

(ア)電子メールの添付ファイルで申請をし、電子メールでPDFのアワードファイルを受け取る。

→ 無料です。

(イ)郵送による申請をし、アワードと記念品(オリジナル記念切手)を受け取る。

→ 82円切手10を申請時に同封してください。複数の賞を申請される場合も手数料は1つの賞につき82円切手10枚となります。「申請書」および「交信リスト」は印刷、手書きのどちらでもかまいません。

※電子メール申請の場合は、件名と添付ファイルの両方に「賞の名称+コールサイン+氏名」を記入してください。

※申請書類は返却しません。

4.申請受付期間  2018年7月1日~2019年4月15日(必着)

5.本会ホームページ  http://ntsl.denshin.org/

6.申請先  NTSL40Award担当: 長谷川驍

630-0133生駒市あすか野南2-7-7

ja3gje@jarl.com

 

※本アワード規約は下記リンクのPDFにてダウンロードできます。


ダウンロード書類

下記それぞれのリンクからダウンロードしてお使い下さい。

NTSL40Award規約(pdf)
NTSL40Award申請書(word)
NTSL40Award交信リスト N賞・2m賞・S賞(NTSL40AwardN2mSList.zip:excel)