ハムログ設定調整とログ抽出

コンテスログがハムログに記録されているとき、当該コンテストログをハムログから抽出して、直接電子申請する準備をします。

まずは、ハムログの画面です。

以上の、NO.9015-9033 がコンテストログです。
この番号の交信ログを、ハムログの機能で、CSVファイル形式で、取り出します。

検索 複合条件検索と印刷(F)で、画面が表示されるので、
下図のように、
レコード番号を、NO.9015-9033 と指定して、ディレクトイ、ファイル名を指定して取り出します。

 

この例では、データが番号順に並んでいますので、特に検索条件は必要ありません。

「はい」の操作で、ファイルが取り出されます。

 

抽出されたCSVテキストのログファイル[ 2019NTSL_JA3NVF.csv ]は、以下のとおりです。

このファイルが、直接電子申請に必要です。

NVUS は、西暦年度4桁と、NTSL、申請局のコールサインが、ファイル名に含まれていることが必須です。

〇 2019NTSL_JA3NVF.csv

(2019NTSLとコールサインは、アンダースコア1文字で繋げます。)

令和2(2020)年では、以下になります。

〇 2020NTSL_JA3NVF.csv

× NTSL2019_JA3NVF.csv

 

以上の手順で、ハムログが、生成するファイルは、NVUSによる処理に最適です。

エクセルなどからでも、手書き作成は可能ですが、カンマ区切りで、ハムログが吐き出す様式と、まったく同じであれば、問題ありません。

ご注意!

ハムログで抽出したcsvファイルの文字コードは、Windows で使用している、SJIS です。

サーバーの受け入れるコードは、UTF-8 です。CSVファイルに、2バイト文字(日本語)を含む場合、Windowsにある、notepad.exe などを使って、 当該CSVファイルの文字コードを、UTF-8へと変換されると、エラーが抑制できます。

文字コードの変換は、動画でのご案内 があります。

 

 

コメントを残す